転職先探し・求人探しは、転職エージェントに学ぶ2016

自分のことを知るために!転職理由と条件を整理しよう!

hea

求人サイトなどを見はじめると色々な求人があって、ついつい「この会社、いいな!」「ここも良さそう!」なんてなってしまいがちですが、「この会社いいな」と思ったポイントと、「ここも良さそう」と思ったポイントが違っているなんてこともよくあります。給料と雰囲気を見比べていたり、勤務先の場所(通勤)だったり・・・

 

あれもこれもと求めたくなる気持ちもわかりますが、最初に書いた通り、転職活動って、現状に何かしら解消出来そうもない不満や問題があって、それを解消するために転職するというのを理解しておかないと、書類選考は通っても面接で落とされます。採用する企業も筋が通った転職(退職)理由、志望動機がなければ採用するわけないのです。

 

転職市場での自分の位置、求人を選ぶうえで企業側の立場になる考え方などを理解したうえで、いよいよ転職活動の準備に入ります。

 

まずは、現状の何が問題で転職を考えるのかを整理していきましょう。
紙に不満を書き出していってもいいと思います。

 

・給料が安い
・転勤しなくてはいけない(介護や家庭の事情で転勤が難しい)
・勤務時間が長い、休みが取れない
・業界の先行きが不安

 

こういった問題は人それぞれであるため、一概にどれが正しいというものではありません。
しかし、こういった問題を解消するために転職活動を進めるわけですから、次の転職先で選ぶべきは

 

「給料が安い」のであれば、「給料が高い」会社を
「転勤が難しい」のであれば、「転勤がない会社(地場企業など)」を
「勤務時間が長い、休みがとれない」のであれば、「残業が少ない会社、休みが多い会社」を
「業界の先行きが不安」であれば、「今後伸びそうな業界」を

 

こんな感じで、次の転職先を選ぶ時は考えていかないといけないわけですが、まだ求人を選ぶ段階ではありません。

 

自分の現状の問題点や不満を複数あげたところで、次はこの問題点や不満に優先順位をつけることが大事です。
あれもこれもと考えがちですが、すべての不満を解消できる転職先って非常に少ないもの。
すべての条件を満たすような素晴らしい企業であれば、応募者は殺到するし、そもそも人が辞めることもないので、求人が出てくるなんて稀なことです。

 

そこで、まずは挙げた不満や問題点の中で、今回の転職で最も解消したい問題点、次に解消したい問題点を考えていくことが必要です。
先ほど考えた今回の転職を考えるに至った問題点に順番をつけてみましょう。

 

上記の例で進めるのであれば、

 

@転勤しなくてはいけない(介護や家庭の事情で転勤が難しい)
A給料が安い
B勤務時間が長い、休みが取れない
C業界の先行きが不安

 

このような感じです。順番をつけると、1番優先的に考えるべきは「転勤がない」、次に「給料」となります。「勤務時間や休み」「業界の先行き」に関しては順位も低くなっているわけですから、これから求人を探すうえで最も考えないといけないのは【転勤がない求人から選ぶ】ことになります。

 

次に【転勤がない求人】の中で、【給与】が高くなりそうな求人、年収アップが狙える求人を探していくわけです。

 

このように現状の問題点に優先順位をつけることで、求人の効率的かつ現状の問題を解消出来る転職活動を始められるようになります。